19年の米経済成長は2%割れも株価には逆に好材料=ルスホールド幹部

Leuthold’s Jim Paulsen: Economy could see sub-2% growth this year — but that could be good for stocks

ルスホールド・グループのチーフ・インベストメント・ストラテジスト、ジム・ポールセン氏は、2019年の米経済成長が2%を下回るとしたが、これが必ずしも株式市場にとって悪材料とはならないとの見方を示した。 続きを読む

ゴールドマンが商品を強気視、特に原油と金を推奨

Goldman Sachs is bullish on commodities for four reasons

ゴールドマン・サックスは、原油供給量の低減、中国政府が景気刺激策を打ち出す可能性、政治的な不透明感、加えて米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)の利上げ見送り姿勢が鮮明になってきていることで、コモディティ(商品)の見通しが明るいと見ている。 続きを読む