銀行と一般消費財に注目、ウィルスからの景気回復局面で=モルガン・スタンレーのチーフ米株ストラテジスト

Morgan Stanley’s Mike Wilson says he likes banks, consumer stocks as economic recovery begins

モルガン・スタンレーのチーフ米株ストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は、米経済がコロナ・ウィルス禍からの回復を図るなかで、「厳しく売り込まれている」銘柄を狙うべきだとしている。「全体的には強気だ。一部の出遅れ銘柄に、より大きな上値余地があるとみている」とした。

「グーグルや大型成長株に未来がないと言っているわけではない。こうした企業は、すばらしい力を持っている。ビジネスモデルも秀逸だ。しかし、ほかの出遅れ銘柄ほど、上値余地があるわけではない」とした。

そうした銘柄には、銀行と一般消費財に特に上値余地があるという。

「リセッション(景気後退)の際には常に、相場のけん引役が交替することを念頭に置いて投資すべきだ」としている。