Q1シンガポールGDP、マイナス2.2%=工業貿易省

Singapore’s economy contracts by 2.2% in the first quarter compared to a year ago

第1・四半期のシンガポール国内総生産(GDP)成長率は、前年同期比マイナス2.2%と推定されている。

貿易工業省が発表した速報値では、前四半期(2019年10-12月)比では、10.6%の縮小となる。

同省は、通年見通しも下方修正し、マイナス4.0〜マイナス1.0%とした。従来予想は、マイナス0.5〜プラス1.5%とされていた。