四半期ベースの石油需要予想が縮小、ここ10年で初=コロナ・ウィルスの影響でIEA

Global oil demand set to see first quarterly decline in over 10 years, IEA says

国際エネルギー機関(IEA)は、世界の石油需要が四半期ベースで減少するとの見通しを示した。コロナ・ウィルス感染拡大とそれに伴う中国国内の生産拠点閉鎖による経済的な影響が背景にあり、ここ10年では初の減少。

2020年第1・四半期の需要は、前年同期比で日量43万5000バレル減少すると予想されている。

これに伴い、2020年通年の需要拡大ペースも同36万5000バレル縮小され、同82万5000バレル。これは、2011年以来の低水準。