フィッチがフィリピンの格付け見通しを引き上げ、同国初の「A」ランクが視野に

Philippines nears first ‘A’ credit rating after Fitch upgrades outlook

格付け機関、フィッチ・レーティングスは、フィリピンの債務格付け見通しを「ステーブル」(安定的)から「ポジティブ」に引き上げ、現在の「BBB」(トリプルB)を確認した。

今回の見通し引き上げにより、同国初となる「A」格付け見通し獲得が、視野に入ってきた。

S&Pは、同国格付けを「BBB+」(トリプルBプラス)としており、ムーディーズは、「Baa2」、見通しを「安定的」としている。

この3つの格付けは、投資適格級。

フィッチは、格付け見通し引き上げの理由を、「マクロ経済政策の枠組みが健全で、緩やかなインフレのなかで高い成長が見込める」としている。