ムーディーズ、インド格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ

Ratings agency Moody’s downgrades India’s outlook from ‘stable’ to ‘negative’

格付け機関、ムーディーズは、インドの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に下方修正した。

同国経済成長が「これまでと比較して大きく下げる」リスクが高まっているためだという。

同国が抱える「経済的と構造的な脆弱さ」が政府自体と政策にあると指摘しており、これが、債務負担の増大につながる可能性があるとしている。

4-6月期の経済成長は、6年来の低水準に落ち込んでいる。