フィリピン・ペソが好調、利回り高水準で年初来約4%上昇

The Philippine peso has jumped nearly 4% this year as investors hunt for yield

世界的に低金利が続くなかで、比較的高い金利を維持しているフィリピン・ペソが注目を集めている。

対ドルでペソは好調で、年初来3.8%上昇、約1年前の昨年夏から比較すると5%を超えて上昇している。

同国の貿易赤字が縮小していることや、アジアの他国と比較して経済成長も好調であることも支持を集めている要因。

2018年には5回利上げに踏み切っている同国中銀だが、今年は4回利下げに踏み切っている。しかしながら、金利は依然として4.0%を保っている。同国10年債利回りは、8日の取引で4.61%、2月には6.38%だった。