欧州委、19年と20年の域内経済成長予想を下方修正

EU cuts growth forecasts for the euro zone on global trade tensions

欧州委員会は、世界的に貿易関係の緊張化による悪影響を理由に、域内の経済成長見通しを引き下げた。

欧州中央銀行(ECB)は、成長促進に向けてあらたな施策を打ち出したばかりのタイミングで、予想の下方修正となった。

年次経済予想のなかで同委は、「今後2年は経済成長が大きく回復する見通しがたたない事実は、これまでの見通しから大きな転換であり、世界的な経済成長減速を見越す多くの材料が、今後も影響を与え続けるとみられる」としている。

「もっとも重要なことは、貿易関係の激化と同政策をめぐる不透明感がこれまで最高水準に高まっていることで、世界の貿易に継続的な悪影響を及ぼす」としている。

これまで1.2%としてきた2019年成長予想は、1.1%に引き下げられた。また、2020年についても1.5%から1.2%に下方修正された。