中国人民銀行、仮想通貨導入の「準備がほぼ整った」

China’s central bank says it’s close to releasing its own digital currency

中国人民銀行(中央銀行)は、独自のデジタル通貨導入の準備がほぼ整ったとしている。

支払い部門の副ディレクター、Mu Changchun氏は、仮想通貨の導入に向け「準備がほぼ整った」としている。ロイター通信が報じた。

人民銀行のリサーチ部門は、仮想通貨の研究を5年続けていたという。

スウェーデン中銀のリクスバンクも独自のデジタル通貨導入を検討している。

報道によれば、人民銀行の仮想通貨は、同行と商業銀行の2つの発行体が存在する二層構造で、ブロックチェーン技術だけに頼るのではなく、ほかの技術も活用するとしている。