12月末の中国不良債権比率、1.89%に上昇=銀行管理委

China banks’ bad loan ratio climbs to 1.89 pct at end-2018

中国銀行業監督管理委員会は、2018年末時点の同国商業銀行が抱える不良債権比率が1.89%に上昇したと発表した。

これは、2009年以来の高水準。

商業銀行が抱える不良債権は、総額2兆人民元(約2965億ドル)で、9月末からは金額ベースでは変化がないという。