中国、経験したことのない景気刺激優先政策を打ち出す可能性も=ムーディーズ

Moody’s: China’s slowing growth is pushing Beijing to launch new ‘untested’ policies

米国との貿易摩擦問題を抱えるなかで、景気押し上げを目論む中国政府は、これまでに実証されていないようなあらたな政策を打ち出す可能性がある。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスのアシスタント・バイスプレジント・アナリスト、クリスチャン・ファン氏が指摘した。

「中国の経済成長は、6%に減速すると予想している。大きな問題は、成長を促すためだけに他の影響を無視するような政策が打ち出される可能性が、膨らんでいるということだ」とした。

「リスク軽減、レバレッジ解消などのキャンペーンが進められている。その一方で、成長を押し上げる、成長を促す方向性を強く志向する政策に中央政府が傾いている」とした。

そのうえで、「政府が考えている一部の政策は、これまで実行されたことがないものだ。たとえば、減税には、企業や個人がどのように反応するのか、想像できない」とした。