原油価格が軟調、サウジの削減提案が市場予想を下回り

Oil prices slide 4 percent as Saudi energy minister proposes a smaller-than-expected output cut

原油価格が軟調に推移している。

これは、サウジアラビアのアルファリファ石油相が石油輸出国機構(OPEC)や同盟産油国にとって、生産削減が日量100万バレルで十分だとする見解を示したため。

OPECは、ウィーンで現在、競技を重ねており、今後6カ月の産油量を決定すると見込まれている。

これまでサウジが主導する形で生産削減協議が進められてきている。

しかし、今回サウジが提案した削減量は、市場が予想していた日量120万〜140万バレルを下回っている。