人民元、対ドルで年末までに反転して安定へ=HSBC

The Chinese yuan will strengthen against the US dollar, HSBC says

中国通貨人民元は、対ドルで年初来15%下げているが、HSBCは、年末にかけて安定情報すると予想している。

上値見通しとして、1ドル=6.7人民元を見込んでいる。これは、現行水準から、約2%の上昇となる。

その結果、年初来では、2.98%の下げとなる。

アジア地域の投資ストラテジー担当責任者、ファン・チュク・ワン氏は、「現在の人民元市場は、貿易摩擦への懸念にセンチメントが弱気に傾いている。外国為替市場では、かなり悲観的な予想で動いている」とした。

JPモルガン、UBSやINGも、現在の人民元が売られ過ぎの状態にあると見ている。