ドイツと中国、米の対イラン制裁に従わず

China, Germany defend business with Iran in face of U.S. threats

トランプ米大統領は、対イラン制裁の一策として同国との取引を継続する企業の米国内での活動を制限すると警告しているが、中国とドイツは、同大統領の警告を無視、これに従わず両国企業は、イランでビジネスを継続する意向を示している。

中国外務省は、「中国はこれまで、一方的な制裁には反対してきており、力を用いたやり方には異議を唱えている」とした。

そのうえで、「中国のイランとのビジネス関係は、オープンで透明性を維持しており、適正、公正かつ合法的だ。国連安全保障会議で採択された決議を遵守している」とした。

ドイツ政府は、米国による対イラン制裁が国益を最優先し国際法を無視した措置だと断言している。