米株には一段の上昇余地、S&P年末予想は3100=フェデレーテッド

‘Unapologetically bullish’ analyst sees S&P 500 adding 11 percent before year’s end

フェデレーテッド・インベスターズのポートフォリオ・マネージャー、スティーブ・シバローン氏は、史上最高値更新後伸び悩んでいる米S&P500指数に、再び上値を目指す展開を予想している。

「現時点では不安材料も多いことは事実だ。多くが、強気派でいることを、恐縮しているような状況だ。しかし、われわれは、強気でいることには、まったく恐縮していない」とした。

同氏の同指数年末予想は、3100ポイントで、現行水準からは11%、年初来では16%の上昇となる。

同氏は、ファンダメンタルズが強化されてきたことで、強気姿勢を一段と高めているとした。「企業収益は、大きく成長している。前年比で20%伸びており、第2・四半期業績は、衰えるどころか、さらに加速する模様だ」とした。

さらに、「2ケタ台の成長は、今年後半も続き、19年にも勢いを維持するだろう」としている。