シンガポールMAS、6年ぶりの利上げ

Singapore’s central bank tightens monetary policy for first time in six years

シンガポール金融庁(MAS、中央銀行に相当)は、ここ6年で初の利上げに踏み切った。

米中の貿易関係が紛争にまで拡大するリスクがあるとしつつも、自国経済が順調に成長しているとした。

ドル・ペッグ制を採用しているシンガポール・ドルについては、中心値と変動幅に変更はないものの、変動率をゼロパーセントとしていたが、これを幾分か引き上げる意向だとしている。