イラン通貨リアルが暴落、経済・政治的な危機に発展も

Iran’s currency crisis could bring it one step closer to economic collapse

イランの通貨「リアル」が市場最安値を更新している。政治だけでなく経済への不安が拡大し、銀行にはドル買いの人々が列を成しているという。

米国との関係が悪化しているなかで、通貨をめぐる混乱が全般的な危機に拡大しかねない。

リアルは、今年だけでもすでに3分の1に下げている。ロウハニ師が同国の権力を握った2013年には、1ドル=3万6000リアルだったが、現在、6万レアルにまで下落している。

1979年のイスラム革命当時は、70リアル。

イラン政府は先週(13日までの週)、公式交換レートを4万2000リアルと発表、これに反する交換には厳罰で臨むとしている。