25年に渡る債券弱気相場が終了、日銀の国債購入縮小がきっかけ=ビル・グロス氏

Bond guru Bill Gross signals a new era for Treasury markets

「ボンド・キング」と称されるビル・グロス氏は、ここ25年続いた債券弱気相場が終わったとみている。

ジャニュアス・ヘンダーソン・グループを率いる同氏は、そのきっかけを日銀が、国債購入額を縮小したことにあるとしている。

同氏はツィッターで、「債券弱気相場は、5年債と10年債利回りがトレンドラインを下回ったkとおで、25年の長期に渡った弱気相場の終わりが確認された」とした。