PIMCO、キャッシュ拡大し株式プットを追加

Pimco’s Ivascyn says firm has built ‘above average’ cash position

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のチーフ・インベストメント・オフィサー、ダン・イバスチン氏は、現在のキャッシュ・ポジションが1兆6000億ドルと同社平均を超える規模にあることを明らかにした。

同時に、地政学上そして軍事上のリスクが高まっていることから、S&P500指数のプット・オプション(売る権利)も保持しているとした。

同氏によれば、すでに高付加価値を有する社債ポジションでは利食いの整理売りを進めており、より良い投資機会到来に備え、キャッシュ・ポジションを高めているという。

株式指数プット・オプションの規模については、明らかにしていない。

「流動性が高まっている。実際の軍事行動にまで進展すれば、大きく下がる可能性がある。同時に、ボラティリティが極めて低い期間が長く続いており、上昇が見込める展開ではない」としている。