米株上昇を支えてきた2つの柱に疑問、低金利だけが支援材料=BOAM

Two of three pillars holding up the bull market are crumbling

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BOAM)のストラテジストは、これまでの株式市場上昇を支えてきた3つの要因のうち2つが効力を失っていると指摘、全般的な流れが強気ではあるものの、慎重な対応が必要だとしている。

顧客向けのノートで、「投資家は、米株から一部でも利益確保を図ることが適切だろう」と指摘している。

これまで米株の上昇を支えていた中央銀行による量的緩和と企業収益の成長の勢いが失せつつあるとした。残りの一つの柱である低金利は、依然として支援材料として頼りになる存在とはしている。

こうした環境下では、信頼性の高い再建と金融機関株がほかの資産を上回るパフォーマンスが期待できるという。