月曜発表のグーグル決算に注目

Trader says this is the most important ‘FANG’ stock to report next week

市場は、7月24日月曜の引け後に発表されるグーグル親会社、アルファベットの四半期決算が今後の相場、ハイテク株の動向を左右するとして注目している。

金融ブログ、クロッシング・ウォルストリートの編集長、エディー・エルフェンベイン氏は、「(アルファベットの)大部分が広告から来ている。これは、ハイテク企業にとって極めて重要だ」とした。

そのうえで、「広告収入がグーグルに向かっていることがわかれば、ほかのより小型ハイテク企業にも広告資金が向かっていることがわかる」とした。

4月の前四半期決算発表後、アルファベット株価は4%超上昇した。

同時にエルフェンベイン氏は、同株価が極めて「ボラタイル(乱高下)」する可能性があるとし、短期間で「衝撃的なほど」下げることもあり得るとしている。

スコット・デビットのマネージング・ディレクター、スタイフェル・ニコラス氏は、アルファベットの四半期総収入の伸びが鈍化するとの予想を示している。しかしながら同氏は、投資推奨を「買い」で維持し、1075ドルの目標株価を変更していない。

現在の株価は、993ドル。