ドル安で投資メリットを狙えるセクターは

When the dollar is falling, here are the stocks that work

欧州中央銀行(ECB)のコメントや政治不安などもあり、ドル安の見方が主流派になるなかで、ドル安の際にメリットを受ける銘柄やセクターもある。

クレディ・スイスのローリ・カルバジーナ氏は、顧客向けの投資推奨で、生活必需品セクターがドル安環境で「もっとも大きく上昇」する傾向が高いと指摘している。

同氏は、「ドル安でもっとも大きなメリットを受けるのは、原材料と家庭や個人消費材メーカーだ。このセクターは、業績集積と業績そのものは、ドルのトレンドと逆相関関係にある。両セクターとも、グローバル市場と深い関係がある」とした。

CNBCのスクリーニング・モデル「Kensho」によれば、10%ユーロ高/ドル安になったシナリオで、もっとも大きな上昇が期待されるのが原材料セクターの18.51%、次いでエネルギーの18.31%、耐久消費財の13.30%となっている。