中国富裕層の半分以上が海外移住を希望、教育と生活環境が理由=調査

Half of China’s rich plan to move overseas

中国の億万長者の半分は、海外移住を検討しており、移住先としては、依然として米国がトップ候補となっている。

ビザ・コンサルティング・グループとHurun Reportが実施した調査で明らかになったもので、純資産が150万ドル以上を対象に行われた。

移住先としてもっと人気が高いのは米国、カナダが英国から2位の地位を奪取している。オーストラリアが4位。

米国内ではロサンゼルスがトップ、シアトル、サンフランシスコ、ニューヨークの順となっている。

海外移住のもっとも大きな理由は、教育で、「生活環境」が2位。