来年3月までに世界の過剰在庫は解消へ、4月以降の減産不要=クウェート石油相

Oil cuts working, market in balance by end-March: Kuwait minister
クウェートのマルズーク石油相は、世界の石油在庫の再調整がこれまで想定していた以上に時間がかかっているものの、来年3月末までには過剰在庫状態が解消し、石油輸出国機構(OPEC)は、4月以降には生産調整を延長する必要がなくなるとの見方を示した。

OPECは、11月に定例総会を予定しているが、同相は、これ以前に臨時総会を招集する必要性がないとし、現在のOPECを中心とする現在の生産調整が「機能している」とした。

「延長した生産調整期間に入って2週間経過したばかりだ。この局面で、11月に何をすべきかを語るには、時期尚早だ」とした。そのうえで、生産調整の幅をこれ以上拡大する必要はないとした。