海外買収手がけた中国企業、まとまった額の債務返済を迫られる

China’s $162 Billion of Dealmaker Debt Raises Alarm

中国大手企業はここ数年、海外企業の買収を重ねてきたが、その買収に調達した資金の返済に迫られている。

中国の海航集団(HNAグループ)と復星国際(Fosun International)など海外買収に積極的だった国内企業は、2018年末までに、債券や融資などの総額115億ドルを返済する義務があるという。

買収件数がこれまで史上最高を記録するなかで、中国企業が抱える債務は1兆1000億人民元(約160億米ドル)に達している。

在香港のバンコ・ビルバオ・ビズカヤ・アルゼンティーナのアジア担当エコノミスト、Xia Le氏は、「銀行規制当局が財務状況を確認している企業は、M&A(吸収・合併)においてファイナンスの需要が極めて高い」としている。

「しかし、銀行は、今後、リスク統制を高め、したがって資金調達コストが高まり、企業の成長拡大ペースを阻害することになる」とした。