株式市場バブル化への懸念は理解する=マイクロソフト元CEO

Steve Ballmer sees how investors ‘could be a little worried’ about a stock bubble

マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)を務めたスティーブ・バルマー氏は、株式市場がバブル化しているか、投資家が懸念を抱くことに理解を示した。

「株式市場はバブル状態にあるのか、否か。私はわからない。個人としての見解を出すことはしない。株式倍率やらほかの指標をみると、幾分か心配するのは当然だろう」とした。

「90年代後半に、株式市場が行き過ぎだとコメントし、その後数日、市場が上下したことで、痛手を受けたことがある」と立場のある人間が株価にコメントすることでの苦い経験を吐露した。

昨年11月の大統領選行こう、ダウ工業株30種指数は17%超、S&P500指数は14%、そしてナスダック総合株価指数は20%以上も上昇している。