各国中銀は金融緩和時代の終焉を示唆、これまで以上に注視が必要=世界最大級ヘッジファンドのダリオ氏

Ray Dalio, manager of world’s biggest hedge fund, says ‘keep dancing’ but party ending soon

世界最大級のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創設者、レイ・ダリオ氏は、各国中央銀行が、これまで9年間続いてきた金融緩和時代が終わりだと「明確、かつ、当然のように」示しているとの解釈を示した。

同氏によれば、各国中銀が金融政策を変更し、経済成長を維持し、かつ、インフレを抑えることが可能なペースでの金利引き上げに注力しているとした。

「この政策変更を理解したうえで、今、投資家としてできることは、現状のスタイルでの運用を続けると同時に、終わりがちかいことを理解し、状況を注視しなければならない」とした。

同氏は5月、次に訪れるであろう下げが「社会的にも、政治的にもこれまでに経験したものをはるかに大きな問題」を生む可能性があるとし、大きな懸念を示してた。