高級品セクター、中国不安で投資格付けを引き下げ=クレディ・スイス

Credit Suisse Cuts Luxury Exposure on China Concerns

クレディ・スイスは、これまでベンチマークに「オーバーウェート」としてきたラグジュアリ・セクターの投資推奨を引き下げた。一つの材料は、中国需要を挙げている。

バリュエーションが「標準偏差から1.8ポイント」上回っており、価格が高すぎる状態にあるという。

2016年5月にこれまでの「オーバーウェート」とした背景には、中国の高級品需要が復活するとの見方があったため。当時、世界の高級品需要の3分の1は、中国勢が占めていた。