香港と中国本土の「債券コネクト」、巨大な需要を生み出す可能性=香港証取CEO

China’s opening of bond market may spark ‘massive demand’ from foreigners, HKEx CEO says

香港証券取引の最高経営責任者(CEO)、チャールズ・リー氏は、中国政府による国内債券市場の外国人投資家への開放により、将来的には「大量」の国内債需要が見込まれるとの見方を示した。

今年5月、香港と中国本土双方の規制当局は、「債券コネクト」プログラムを承認、香港を拠点に活動する投資家に中国本土、いわゆる「ノースバウンド(北行き)」と「サウスバウンド(南向き)」の資金の流れを容認することで合意していた。

当局の指針では、外国人投資家の投資上限を設けられていない。

同氏は、「今回の動きは、大きな変化をもたらす」とした。

「債券コネクト」はこれまでとは基本的な考え方が違うとした同氏は、「遂に、これが(債券コネクト)が実現した。今回の措置で、米ドル建ての債券、あるいはほかの通貨建ての国債を取引することと似通った手法なので、違和感がない。基本的な中国本土債券への需要だけでなく、可能性は極めて大きい」とした。