中国政府と民間企業、債券の活用を「合理的」に考えるように変化=UBS中国専門家

UBS: Chinese companies are getting more careful about debt

UBSの中国戦略ボード会長、ユージーン・クィン氏は、中国政府と民間企業はともに、債券の活用を「合理的」に考えるようになってきていると指摘した。

これより先、中国政府は、大手企業による海外買収に関連し金融機関に調査を命じている。

同氏は、「高成長期には、中国経済、特に企業部門は、大量の債券を発行してきた。しかしながら、この問題に関して中国政府、そして民間企業は、合理的考えるべきだと思考を改めている」とした。

「債券を次々に発行し、債務負担が拡大していく形での成長は、難しいと認識しているようだ」とした。