UBSの著名トレーダー、米FRBの年内の追加利上げに警告

Art Cashin warns the Fed: ‘Wake up,’ the economy isn’t as good as it looks

金融業界で注目されるUBSのフロアー業務担当ディレクター、アート・カーシン氏は、米連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行に相当)が予定している追加利上げに懸念を示した。

同氏は、「FRBは、目を覚ますべきだ。経済状況は、みかけほど良くはない」とした。

さらに、「インフレも、小売売上もさほど好調ではない」とした。

FRBは、14日の0.25%ポイントの利上げ後、今年のインフレ率が目標の2%には届かないとの見通しを明らかにしている。それだけでなく、これまで公表されている指標を見る限り、2%のインフレ目標には、はるかに届かない兆候が表れている。

こうした状況にもかかわらずFRBは、今年年末までに目標となる短期政策金利が1.4%にまで上昇するとしている。

カーシン氏は、「経済が生死の境にあるわけではないが、好調だとは言えない」とした。