人民元を依然ショート=米大手ヘッジファンド創設者

Kyle Bass still short yuan, says China credit bubble ‘metastasizing’

米大手ヘッジファンド、ハイマン・キャピタル・マネジメントの創設者、カイル・バース氏は、中国経済のクレジット・バブルが各所に「転移」しているとし、政府による為替政策強化にもかかわらず、依然として人民元をショート(売り建て)としている。

「市場の状況と中国政府が水面下で画策していることは、まったく異なる。中国は、世間をコントロールすることに長けている。どうして中国に投資するのか、私はまったく理解できない」とした。

2007〜09年の米住宅バブル崩壊を適切に予測したことで知られる同氏は、「人民元ショートのポジションが核となるもので、常に、意義のあるものだ」とした。

同氏は、対ドルで人民元が30%下げると見込んでいる。