今年末か来年に史上最悪の暴落=ジム・ロジャース氏

Jim Rogers: Worst Crash in Our Lifetime Is Coming

著名な投資家、ジム・ロジャース氏は、近代の歴史では最悪の暴落が、今後2〜3年のうちに現実化すると警告した。

同氏は、「米国株の一部は、バブル化している。このバブルは、大きくなり、そして崩壊することになる。備えるべきだ」とした。

ロジャース氏は、特に、バブル崩壊時期を「今年末か、来年」とまで限定した。

「(暴落は)注意していない時に起きるものだ。2007年には、アイスランドが財務破綻した。その時、市場ではアイスランドなんて国が存在したのか、市場があるのかすら疑った。その後は、ベア・スターンズが破綻し、リーマン・ブラザーズも清算に追い込まれた。想像していないことが起きる」とした。

今回の暴落のきっかけが何か、ロジャース氏は想定していないとしたが、「米国の年金制度の破綻かもしれない、多くの年金生活者が路頭に迷うことになる。あるいは、誰も想定しない国が問題を起こすかもしれない。戦争かもしれない」とした。

「私、そして誰もが経験したことがない、最悪の事態となる」とした。