米株、今後数カ月で大きな売り局面に=ラッセル・インベストメンツ

This is the best trade in the market right now: Strategist

ラッセル・インベストメンツのマーク・エイベル氏は、ダウ工業株30種指数、S&P500指数やラッセル2000指数も史上最高値を更新し続ける米株価が大きく下げると予想している。

トランプ政権がいくつかの問題を抱えていることと、経済回復の足取りもおぼつかないことから、今後数カ月の間に、大きな売り局面が来るという。

「米株式市場は、下落調整が来るとみている。最大の懸念は、政治情勢だ」とした。

「どこかの時点で、減税政策の実行に疑問が高まり、ほかの政策についても実現を諦めるようになるだろう」とした。

また、第2・四半期国内総生産(GDP)の統計内容が、下げ相場のきっかけとなる可能性があるという。「第1・四半期の低調さを補うような数字を市場は期待している。今後さらに上昇するかどうかは、この数字にかかっている部分が大きい」とした。

第1・四半期GDP成長率は1.2%、2016年第1・四半期以来の低水準。