米株には下げ調整の機運が高まっている=専門家

With a possible correction looming in the stock market, ‘it’s time to sell,’ expert warns

ジェームス・アドバンテージ・ファンドの社長、バリー・ジェームス氏は、米株には下げ調整の可能性が高まっているとし、投資家に警戒するよう呼びかけている。

同氏によれば、自社で開発した指標にリスクの高まりを示す傾向が5月から見え始めており、調整局面が近いと見ている。

「どの時点で天井を付けるのかは把握できないし、下げの局面の時期も明確ではない。しかし、下げが近づいてきている」とした。

同氏は、下げ局面入りは間違いなく、問題は段階的にゆっくりと下げるのか、あるいは、一気に崩れるのかにあるとしている。

特に懸念されるポイントは、バリュエーションが極めて高水準にあることと、現在の上昇相場を支えているのが、限られた大型銘柄にあることだという。

そのうえで同氏は、「現在の株式市場では、なんらかの調整安に向かってモメンタムが醸成されており、今こそ売り時だ」とした。