バリュー株に注目、ハイテク成長株からシフト=UBSウェルス

Forget high-flying tech stocks, here’s what UBS says investors should buy now

UBSウェルス・マネジメントは、ハイテク株から運用主体をシフトし、成長銘柄からバリュー株に注目を移している。

投資ストラテジー責任者、ジェレミー・ジーリン氏は、大型バリュー株の投資推奨を引き上げている。S&P500バリュー指数とラッセル1000指数は、相場全体と比較して、ともに年初来2%ポイント程度上回って推移している。

同氏は、「大型グロース(成長)株からバリュー株にシフトしている」とした。

「バリュー株のパフォーマンスは(グロース株と比較して)劣るが、第1・四半期の業績はグロース銘柄企業よりも優れており、(グロース株と比較すると)バリュー株のバリュエーションは魅力的だ」とした。

同氏は、エネルギーと金融銘柄に出遅れ感があると指摘している。