パキスタン、MSCIエマージング指数入りで特にETFに注目

2 Experts: What’s Next For “Emerging” Pakistan As ETF Sinks

パキスタンは、6月から正式にエマージング(新興)諸国入りした。MSCIエマージング指数の採用銘柄に再度、組み入れられた。しかし、同国株と連動する上場投資信託(ETF)は、低調だ。

大型指数に採用されれば通常、投資家の資金を集めるも傾向がある。

同国経済は、中国のインフラ投資と密接に結びついており、その点ではプラス材料だが、2018年の総選挙が不安要因となっている。

同国株式と連動するのは、グローバルX MSCIパキスタンETF(証券コード:PAK)、iシェアーズ・フロンティア市場ETF(同:FM)、iシェアーズMSCIエマージング市場ETF(同:EEM)は足元、低調な動きとなっている。

しかし、過去12カ月では、それぞれ18%、14%と25%となっている。