新興諸国資産、魅力的な存在になりつつある=PIMCO

PIMCO: Emerging market equities are a bright spot for investors

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、世界の株式のバリュエーションが高まってきているなかで、エマージング(新興)諸国市場が長期投資家にとっては、魅力的な存在になりつつあると見ている。

エマージング株式は、ここ数年の経済成長度合いと比較して、大きくアンダーパフォームの状態にあり、かなり過小評価されているという。

PIMCOの分析によれば、これまでのパターンでは、エマージング株式が経済成長を平均2%上回って推移してきており、その観点からみれば、現在、大きな価値があると言える。

分析では、エマージング株式はリスク資産であることは事実だが、投資機会にあるという。

「エマージング市場への投資リスクを許容できる投資家にとっては、長期的な上昇余地が大きい」としている。