中国の構造改革、債務の大幅改善には不十分で一段の格下げもある=ムーディーズ

China’s reforms not enough to arrest mounting debt: Moody’s

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、中国での構造改革により債務が膨れ上がるペースを抑えることには成功しているものの、解消するには程遠いとした。

そのうえで、債務を縮小しない限りは、さらなる債務格付けの引き下げもあり得るとしている。

ムーディーズは、今週、同国の債務格付けを引き下げたばかり。これに対し中国は、容認できないと厳しく批判している。

これに対し、ムーディーズのマリー・ディロン氏は、中国政府が債務の急速な拡大を防ぐために採っている複数の施策を歓迎するとした。

しかしながら同氏は、こうした改革が、債務増大のペースを遅らせるこ可能性はあるが、大きな流れそのものの方向を転換するには不十分で、債務が大きく縮小することはないだろう、としている。