ムーディーズの格下げは容認できない、経済と政策納涼を過小評価している=中国政府

China rejects ‘inappropriate’ credit downgrade, says it ‘exaggerates difficulties’

中国は、ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる同国の信用格付け引き下げを容認できないとし、同国経済が直面している問題を誇張しており、政府が進めている改革を過小評価していると批判した。

財務部は、ムーディーズが「不適切な評価手法」を用いていると批判した。

「ムーディーズは、我が国の非金融部門が抱える債務が急速に増大するとみており、われわれ政府が景気刺激策を通じての成長を引き続き模索するとみているようだ。しかし、これは、そもそも、我が国の経済が直面している課題を大げさに解釈したもので、誤りだ」とした。

さらに、今回の引き下げが「中国政府のサプライサイドにおける構造改革と適切な総需要拡大を目指す政策を、過小に評価している」とした。