ゴールドマン、トランプ政権の減税規模予想を縮小

Goldman slashes tax-cut expectation as Trump drama rages

ゴールドマン・サックスは、減税規模の見通しを縮小した。いわゆるロシア・ゲートを含め、トランプ政権と議会との関係を考慮したものだという。

顧客向けの書簡で、アナリスト、アレック・フィリップス氏は、来年には税制が変わるとの見通しを引き下げ、代わりに、今後10年で総額1兆ドル規模の減税となる、と見通しを修正した。

ゴールドマンはこれまで、今後10年で1兆7500億ドル規模の減税に踏み切ると予想していた。