Q1:ドラッケンミラー氏とテンプルトン・グローバルが金鉱山株を取得

Druckenmiller, Templeton Buy Barrick

スタン・ドラッケンミラー氏とテンプルトン・グローバル・アドバイザーズはともに、第1・四半期に金関連株の保有を拡大した。

米証券取引委員会(SEC)への提出書簡で明らかになった。

ドラッケンミラー氏は、自身のデュケーヌ・ファミリー・オフィスを通じで、カナダの金鉱山運営会社、バリック・ゴールドを285万株取得している。

この取得により、同氏の

テンプルトンは、1220万株追加取得、これまでのバリック株保有から3倍近くの1820万株にまで拡大している。

ほかのヘッジファンド、キャピタル・グループはもバリック3530万株を取得した一方、アダージ・キャピタル・パートナーズは逆に760万株を倍キャkうしている。