世界の石油市場、需給バランス均衡に向けた動きが進む=IAEA

Oil market re-balancing is here and will continue, IEA says

国際エネルギー機関(IEA)は、世界の石油市場が基本的には近郊の取れた状態になってきており、目先、この状況が続くとみている。

石油業界市場部門の責任者、ニール・アトキンソン氏は、「需給の再調整が進んでおり、今後も続くとみている」とした。

「2007年第1・四半期には、供給不足にまでは至っていないだろうが、今回、需給の李バランシングが基本的に進んでおり、少なくとも短期的にはこの動きが進む」としている。