米景気、年内の2度の利上げは無理な状況

Markets doubt the economy will be strong enough for two Fed rate hikes this year

金融市場では、現在の景気では、米連邦準備制度理事会(FRB)が2度の利上げに踏み切るだけの活力がないとの出始めている。

ここ最近発表されている経済統計の内容が芳しくないためだという。

BMOキャピタル・マーケッツのアーロン・コーリ氏は、債券先物の価格動向から分析すると、「6月の利上げの可能性は、80%から70%に下がった」としている。

さらに、12月の利上げは、65%から37%に下がっている。

「FRBは、多かれ少なかれ、6月の利上げを決め込んでいる状況だが、政府が財政刺激策を内田ない限りは、疑問が生じ始めている」とした。