Q1:アイカーン氏、コンドュエント株を新規取得・アラーガンなど売却

Icahn takes new 19.8 million share stake in Conduent in first quarter

著名なアクティビスト、カール・アイカーン氏は、第1・四半期に制約のアラーガンとスピーチ関連ハイテク企業のニュアンス・コミュニケーションズを売却、一方で、ビジネス・サービスのコンドュエントを新規取得した。

米証券取引委員会(SEC)への提出書簡で明らかになったもので、コンドュエントを1980万株取得した。

また、ナビスター・インターナショナル、ハーバライフを買い増している。

コンドュエント株は、デビッド・アインホーン氏が主導するヘッジファンド、グリーンライト・キャピタルも600万株取得している。