石油価格が上昇、サウジとロシアが共同で減産合意延長に言及

Oil jumps after Saudis, Russia say supply cut to be extended to March 2018

原油価格は、週明け15日の取引で1.5%上昇している。サウジアラビアとロシアのエネルギー相が共同声明を発表し、石油輸出国(OPEC)が主導する生産削減が来年3月末までに延長される可能性が高いとしたことを受けての動き。

サウジのアルファリア鉱物石油相とロシアのノバク・エネルギー相は、訪問中の北京で、市場価格を押し上げるために、供給を制限する合意が、今年年央から、2018年3月まで延長される可能性が高いことを明らかにしている。