Q1の中央銀行の金購入、前年比25%超減少

Central bank gold demand slips to almost six-year low in first quarter, says World Gold Council

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は、特に中国からの購入減退が顕著だとし、ここ10年では中央銀行の金(ゴールド)購入量が、第1・四半期にここ10年では史上最低となった。

第1・四半期の中銀による金購入が76トンにとどまり、前年同期と比較して25%を超えて減少している。

金需要も、同18%減少している。。