アジア運用のヘッジファンド成績が好調

HFR: Emerging Asian Hedge Funds Surge In Q1/17

エマージング(新興)諸国に投資するヘッジファンドは、2015年第2・四半期以降、パフォーマンスが好調だ。ヘッジファンド・リサーチ(HFR)の統計で明らかになったもので、特にインドと中国を運用の中心とするファンドの成績がすぐれている。

2017年第1・四半期には世界的な経済成長見通しが改善しただけでなく、エマージング諸国通貨が好調であったことがアジアヘッジファンドのパフォーマンスを支えたという。

第1・四半期のHFRXインド指数は19.05%のプラス、2009年第2・四半期以来では最良の成績を記録した。同時期のインド・センセックス指数を780ベーシスポイント上回る成績を残している。

HFRX中国指数も同10.4%プラス、これも2015年第2・四半期以来の高水準で、上海総合株価指数を650ベーシスポイント上回っている。

また、HFRIエマージング市場指数(日本を除く)も9.07%のプラスとなっている。