アマゾン株の投資推奨を引き下げ=レイモンド・ジェームス

Amazon gets downgraded on Wall Street for the first time in more than a year

運用機関、レイモンド・ジェームスは、アマゾン・ドットコム株の投資推奨を下方修正した。

これまで「アウトパフォーム」としていたものを、「マーケット・パフォーム」に引き下げ、もう一段の株価上昇には、利益率をさらに引き上げることが求められるとした。

ストリート・アカウントによれば、アマゾン株の投資推奨が引き下げられたのは、ここ1年超では見られなかった。同社の集計によれば、アナリスト40人のうち34人がアマゾン株の投資推奨を「バイ(買い)」とし、6人が「ホールド(保持)」としている。