アップル株に大きな上昇余地、次世代iPhoneは想定上の売上へ=モルスタ著名アナリスト

Morgan Stanley’s technology analyst is super bullish on Apple, sees major improvements in the new iPhone

モルガン・スタンレーのハイテク担当アナリスト、ケイティー・ハーバティー氏は、今秋にも予定されているiPhoneの次世代機種の革新性が度を抜いており、現在の金融機関が予想しているよりも遥かに高い売り上げを獲得すると予想している。

同氏は、「(iPhoneの)スーパーサイクルが、市場には完全に織り込まれていない。9月の新発売される時世代機種では、革新的な技術が採用されている。(OLED)有機ディスプレイ・スクリーン、3Dセンサー、ワイヤレス充電、そして複数のAI(人工知能)を採用した先進ソフトウエアなどが搭載される可能性が高い」とした。

同氏の予想によれば、2018年度のiPhone売上は20%増、現在の市場予想の10%成長の倍となるという。さらに同氏は、「強気シナリオ」では30%増が見込まれるとしている。

同氏は、IBMもカバーしており、その予測は優秀。同氏の銘柄選択では、2009年以降、12.6%のリターンを挙げている。